MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

欠けを、お化粧かつ、保護するような感じ

粘土を乾燥させて〜。
そんで。
磨くんだけど、ちょっと荒い方が、良いのか、すべすべ、が、良いのか。
正直言って、わからん。感覚っていうか....
結果としては、塗料はバッチリ塗れて、ホッとした。。。
おっと、パテ埋めの仕上げはいちおう、水つけて磨きますた。
f:id:maacoluke:20181119062812j:plain
一部のは気に入るまで調整を。
変な割れの音の物があって、このパテならもっとちゃんと修正出来そうだなと。
ほとんど乾燥で痩せない粘土。


爪で軽く叩くと割れ、ヒビ具合が分かるので、出来るだけ高音になるようにしたくて。
実際、音が割れなくなったので、修理ってすごいなと、ちょっとやりがいを感じたじょ。
高価な物には触れた事がないので、爪でしか叩いた事ないけど(^^;


パテだけの修理のも骨董市なんかで見かけるし、うちにもあった(いい資料なり
なんだかんだいって、でけた★
f:id:maacoluke:20181119063013j:plain
そいっ★


発売元のHPにはコツなども掲載されているので見るべし。
換気のために、窓を開けて作業。なので、真冬だと困るかも。
かわいいマーク★(^^
f:id:maacoluke:20181119062820j:plain
この、薄め液は、とても大事で、筆も洗うし、
塗料を薄めるために、必須。無いと作業は不可能なので、忘れずに買うべし(べしべしっ
人気なのは、ふぐのマークのメーカーなので、これじゃないんですけどね...。
なにが違うんだろ?


道具といえば。
道具にラップ。きゅきゅっきゅ★
作業版とか、絵の具皿に、ラップ。
筆置きにも、ラップ。
ベトベトなので、ラップ出来るものにはラップ。
あと、割れ易いものには、ちょっと盛ったりして、アレンジ風補強。
補強になってるのかは謎だけど
器が蘇った。パテ最高...。
f:id:maacoluke:20181119063032j:plain
キツネにラップ巻いて筆置きに大活躍。(MEMOMEMO...


かなり薄めること。スポイト必須。
f:id:maacoluke:20181119062809j:plain
超揮発性なので、ほんとに、いちいち、溶いて。
説明書にある濃度だと、ぼってりして銀色がちょっとやっかいなので。
めちゃくちゃ薄めて、かつ、色の濃度はキープするということ。
んでもって、セパレート金銀の粉の意味も、なんとなく感じるのでした。
ちなみに。
粉の入ったガラスが開かず、ペンチ使ったら、割れた。(うおぉ
蓋がキツイので、怪我しないように。


思ったより、ふちのラインも悪くない感じ。
f:id:maacoluke:20181119063026j:plain


本漆って、ホントに向かない場合はマンゴーなどが食べられなくなるので。
ある程度、覚悟が必要かもしれない(アレルギー発症


f:id:maacoluke:20181119063020j:plain
うちには充分な完成。
眼精疲労(満身創痍かー


金色の方が、乗りが良いし、沈まないので、使い易い。
銀色、むずいーーーー。。。。
ええと、ざっくばらんに、そんな感じ。
MEMO見返すじょっ。


1度目は、道具もラップしてなかったから、まー、大変なことになっちゃったし。
大失敗したんだー(アホであった...
でも、漆もやすりとか、削りができるのを知っていたので、なんとかなって良かった。


大量に直して、ずっと仕舞っていた物もガンガン使えるようになった。
すごーい。これなら昔のマグカップ棄てなきゃよかった.....
塗料は防水もしてくれるので、結果としてはパテの変色や耐性にも効果はあるのかもしれない。


余談として。
母が、昔、金継ぎ教室に通ったことがあるそうで。
おいおいおいいおいおい。
じゃあ、金粉とか銀粉、残ってないの?って聞いたら、その場で使うだけで、もらえはしないとのこと。
なるへそ。


カシュー漆なので、今回、気を付けてやりますた。
うおー!手に付いたー!て、急いで洗ったり。
でも、今のところ大丈夫で良かったですチュー。


長MEMO。


ふー。。。寝ていて、目眩がするという、めんどくさい状態。
そんで、なんか、気持ち悪いっていう。
こういうのが、急に来るのが困る。
眼の下が数日間、ピクピク。
回復してきたけど、一言で言えば、やってらんねぇ、って感じだチュー。。。
がんばる.....

イソフラボンとか、鉄分が足りないのかなぁ。
だいぶ手の腫れは引いて来たけど、一時はもうダメかもと思った(^^;
2018年の冬はちょっと体調が良くない。
が、久々に楽しいという感情があるので、こういう気持ちを潰さないようにしたいところ。


いつも、ありがとうございます(^^;
今回の修理MEMO、やめようかなと思ったけど、なんとか。
一番、うまくいった可愛い修正だと思うもの。
f:id:maacoluke:20181206024839j:plain
雲っぽい修正(けっこう分かって来ると楽しいかも

寒暖差、警戒しなくちゃですなっ★


欠けた食器を修理チュー★

あいたたたっ。。。
いまは右足の小指の付け根が、よく考えたら痛みが引かず。
文章はおかしいのだが、上野の後、体の筋などを痛めて。
結局、足の裏の肉離れだろうねっていう、どうでもいい話なんですがね。

すっかり貧相な足裏になったものだよ。
いまでも足裏のタコは消えないのにな。うううづ。
足裏のクッションが無いのも問題だと思うし...。年々、減ってゆく肉体は足裏もあなどれない。


そうそうでした。
修理だ。
f:id:maacoluke:20181118045127j:plain
こういう、器の縁欠けを直そうと思って。
(これもやすって、汚れを落とすべし


陶器で、作家もので、めっちゃ割れるのがあって。
はぁ。。。。なんでだろうね。母のだけど。
雑器としては、大変困る。
f:id:maacoluke:20181118045119j:plain
せっかく修理するので、スプーンでかるく叩いたら、さらにボロボロ落ちてった。
粒子がデカイじゃん...
日常使いとしては、疑問に思う出来。
このタイプの陶器に向かなさそうな土の粒子(汗
土に対して、薄過ぎるのだよね。なんか、かわいそう。。。
これも、「ふち」問題。(自分の研究。


これは骨董市で入手したもの。汚れも付いてるので欠けても使ってたのかな。
どうやら気泡がふちに入ってて、それが原因で欠けた様子。
なるほど。これは、なるほど!解せた。気泡が見えたじょ。
f:id:maacoluke:20181118045111j:plain
たぶん、欠けの大きな原因として、気泡はあるんだと思う。


そんなものの、欠けを買ったので、300yenとか200yenだったそうだ。
はぁ、そうですかぃぃぃぃぃ。。。
f:id:maacoluke:20181118045105j:plain


3冊くらい、雑誌の『金継ぎ』っていう記事を読みました。
塗料、器にした事ないし(ないない、想像もできん。。。

記事なので、数ページ掲載されてるだけですが。
雑誌に載ってる商品は使ってなくて、さらに、雑誌はすべて本物の金粉をまぶすやつ。
そうか。金は、本物を使う手があったか、なるへそと、感心。。。
が、うちは雑器だし腕もないし(ゼロ


初めはパテ埋めだけにしようと思っていたのだけど、なんせ大量に出て来たチュー。
家にその雑誌があるのよーっていう母に、じゃあ、探しなさいよ、って言って。
ありがたいことに、見つかったのは、不幸中のさいわい、ってやつでした。にんにん。
勉強に役立った。全員、書いてある内容や、思いが違うんだなって。
面白くないのは、、細かい部分のコツは掲載されてないこと。
けっこう、体当たりていうか。
義務教育の範囲で美術を学んだというのが前提なんだろうなとは、思うけど(^^;
失敗から、学べとな.....


イメージを構築。
TVで、なんどか漆の番組を見ていたこと。
ハゼ科ですら、かゆみ地獄を見たこと。
そういうのも、ミックスして。


修理に大事なのは思想かもね。自分の。(つい、真剣に考えてしまった...
漆は、『血の一滴』というし、いまや後継者も難しい。
超貴重。
うちの雑器に、そういうのは使ったら罰が当たるじゃろ。
文化財とか、ちゃんとしたものに使って欲しい!東照宮しかり。と、いいわけ(おい


需要が増えたら、良くなるのかな?
それなら、本物を使いたいと言うべきなのかもしれません。
が。
めっちゃかぶれちゃうので、やっぱり、回避する(ホントに大変なことになるので


なので、魚釣りの柄とか浮きの、アレを目標に塗装をすればいいんじゃな、と、合点。
きゅうに、ツルツルの感じが、分かった。
子供の時に品川までハゼ釣りに行ってて。
釣り道具箱に、木の浮きがあって、触ってたし、壊れたときの感じで、
ああ、カシューの漆って、分かるじょー!!って、いう、謎の確信を得たのじゃった。
お台場チューとこは、釣りの場所で品川からバスで行ってた。
デカイ鼠、気味悪い海の虫も充分体験済みじゃ。
おっと、脱線。


あのう....MEMOは自分への記録ですんで。見返し。
自己流上等な世界なので、あしからず。

まずは、埋めよう。
タミヤのパテ★ヨドバシもチェックすべし(^^;

TAMIYA エポキシ造形パテ 高密度タイプ


想像より、硬化は早い。なので、今回結局、磨きに手間取ってしまった気もしてる。
そりゃ、そうだ、そういうのを買ったんだから(うぐぐ
粘土による手荒れ予防の手袋などを考えると、パイ作り方式をしてる。
オーブンシート大活躍だった。
これで粘土を合わせて、粘土棒で伸ばしては、折って、伸ばす。パイ式。ミルフィーユ。
f:id:maacoluke:20181118045053j:plain
んで、たまに手で練って、またパイ式。(いや、勝手に独自でやってるだけなんす
神経質になる必要はないけど、あまり粘土に皮脂を付けたくもなくて。
油分があると塗料が乗りにくいのが、理由。
ただし、水分を付けつつ作業を進めるのも忘れずに。
樹脂だけど、水分。
オーブンシートは、欠けの形を整えたのを、忘れずに。
そんで、それをカットするんだよ(自分へのメッセージ
押さえたりしたのを思い出してくれ(自分へのメッセージ←重要....
オーブンシートを最大に活用したまえ(ほんとに、わすれんなよ


こうしてから、乾燥をさせる。
f:id:maacoluke:20181118045100j:plain
うすいガラス膜が欠け落ちているのは、死ぬほど薄いので困った。
パテを置いてみたけどさらに、今回は塗料使うしなぁ。。
これは塗料に任せるか、は、器の雰囲気次第かな。


硬化した後は、ヤスリで処理しますた。
紙ヤスリはもちろんなんだけど。
カッターで削れるとあっても。ツルツルで、まったくダメだった。
むしろ、血が出た(アブねぇ

なので、役に立ったのは地味な道具。
f:id:maacoluke:20181118045048j:plain
ハサミはパテを切るため。
説明書に、カッターってあるんだけど、怖くてあきらめた。
量が大事、パッケージの直の方に0.5mmで、マジックで印するべし。


ちなみに。
金属の棒ヤスリはこんな感じで、持ち手は作業台に付けたまま、
利き手で大事な器を固定して、ヤスリを動かす感じ。
このへんは感覚にまかせてやる。
f:id:maacoluke:20181118045040j:plain
粘土がほぼ乾燥しても痩せなかったので、削る作業が多くて。
怖かったけど、器は壊れなかった。
けっこうな力でヤスったのに、平気だったので、これは補修に合ってるかも!と、ワクワク♪
って、いや、こんな大事になるはずじゃなかったのに。


手応えがあると、やりがいも増しまする。
よっしゃ、釣りの塗料、上等だ!かもん!
何を言ってんだか。
まぁ、気持ちだけは、落ちないようにということ。
無理せず。嫌がらず。
器が悪いわけじゃないのだ。


ちょうど、出来て来たので、また修正する時のために、MEMO。
オーブンシートは何にでも使えて、すごいアイテムだ。
チーズの保管にも使ってる。急にチーズ。またそれは後に。
ええと、、次は塗装を忘れないようにMEMOする。

体には、本物の金粉仕上げが良さそうだな、と、思いつつ。
万が一の時は仕上げは本物にしようっ★
来なさそうであるが、覚え書き。


そんでもって、都美術館、ムンク!

正直言って。
とても疲れてしまい、ネロとパトラッシュ状態な、マコとメタボッキュ。
もう、帰ろうかなって。思いましたっ★星がちらつくわ〜〜〜
f:id:maacoluke:20181112061425j:plain
うううづ。
が。
ここで頑張るんだ!と、思って。
都美術館へ。様子見に。並ぶ体力無い(赤目


もう、自動的に並んだ。(ありがたし
当日券は10人くらいで、7分くらいで買えて、入場は0分。
よしっ。
うーーーーーーおーーーーー。


はーづ。。。なんか、不意にウルウルしてしまい。
不覚であった。
『星空の下で』。
思い出すと今もなんか来るものがあります。
ちょっと『別離』と似てるけど、私は『星空の下で』が、すーーーごく良かったです。


そんで、『叫び』は、ちょっと人気でした(混雑解消係の人が頑張ってた
それでも、しばらくみていられるような会場になってて、良かったです。
んで。『叫び』だけ、照明が暗い!
これ、キャンバスじゃなくて、ダンボールか板に描いてるせいかな、作品保護だと思う(^^;
そうかー、なんとなく下地がなくね?とは思ってたけど....。

隣りの橋シリーズは明るかったので、そっちが観たかったのだけど、
『止まらないでくださーいいぃいい』の、次の作品、しかもコーナーなので、近寄れなかった(笑

初だったかも、常に誘導が入る展示。まさに、叫び的な感じ(大変だと思う
できればあと1枚橋ものを観たかったなり〜(贅沢かな


そんで、観たかった『星月夜』がっ。やったー。。。やっぱ素敵だ......。
青いエプロンの子も。


ほくほく。
超奇麗だし。初期(?)の自然派の作品もよいー★
自分の感情を表現するっていう、作家の作品ならではの世界、色味もキラキラで大満足。
ただ、スクリームは、よっぽど保護しないといけなさそうな感じだったので、
門外不出になりそうな感じはした。
ムンク美術館が完成しても、あの暗さの展示なのかは、
ノルウェーに行くファンの楽しみの1つになるでしょうっ。


コレがみたかったチュー!大好きチュー!!
f:id:maacoluke:20181112061649j:plain
じつはもっと緑の反射があるかと思ってたらばがにね。あまりなかったっていう(笑

こういう風に描けば良かったんだなと思う。
小学生3年生の時に、ホーンテッドマンションの思い出を描いたら、
ものすごく病んだ絵になって。
ああー。。。。誰も心配してくれないんだな、とは、思いましたよ。
今も貼られた廊下の風景を反省してる。非常に。
暗いからといって、黒で塗りつぶすような絵では、まったくダメであるという事は、
その時に学習したのは良かったんだけど。辛かった。。。
描き方として、今もって、超反省をするのでした。ほっといてくれ。

すまん、ムンクサン、また脱線だ。


クリアファイルの発色はポスカより良いので、好きな作品はお持ち帰る。
あ、画像の色味は変なのでスルーしてください(-_-;
f:id:maacoluke:20181112061417j:plain


こちらはお土産に★
f:id:maacoluke:20181112061429j:plain


はー。。。。
足が持たない。。。。


上野駅まで、急ぐので、写メなんかできん!!
帰宅ラッシュギリギリ避ける時間帯なのだーーー。。。
ピカのコラボのぬいぐるみ、可愛かった〜。でも、もう、これ以上ぬいは自粛(これが自業自得?
そもそも、ピカチュウをそんなには知らない(おい


フェルメール展』、誰も並んでいなかった。
表示は0分。夕方はこんなかんじなのかな。
ムンク(都美術館)より雰囲気も寂しい(汗
パイナポー家的には、フェルメールは「今の気分ではない」っていう。これが最もな理由。
後で後悔するんでしょうか。うううづ。


こちとら東照宮な気分なんだっての(苦笑
フェルメール、大好きだけど。
20年くらい前に10冊以上のフェルメール関係の本、画集を購入して、考えたことがあって。
ほとんど忘れちゃったけど。人形を作る前のこと。
フェルメールが創作した理由と、
自分が興味を持った理由を知りたかったんだよ....(汗
フェルメールの死後、子はほぼ孤児のような感じになったようで、なんともね。。。
そうなんだけど、ソレを知って、なんとなく腑に落ちたのでした。
そんなに理由の有無に固執しても無駄なのは分かってますけどね。


ええーーと。
そしてなんとか帰宅したのでした。。。。
ギリギリラッシュ前。あぶねぇ。。。


空いてる時にサッと買って入場するくらいの軽さでないと、最近はダメになりました。
なーんか、心の閉塞感が、関係しているのかなぁと、少々残念なところ。


まとまりはないが。
上野東照宮、西洋美術館、都美術館まで、すごくぜんぶ、良かった(;;


ちょっと、心配になったのは。
修復のレベルの高い作品は、やっぱ何かがちがうんだなということで。
素人なのに、ルーベンスじゃないじゃん、ってすぐ思ったのがあったので(残念な修復の結果
今後、こういうふうになされないようにと、願うばかりです(-人-;
素人の修復で、お笑いニュースになってることがありまするが、
ああいう感じで、巨匠の作品にも『差』としては、あるんだよね。
修復の怖さと、素晴らしい仕事を沢山観たのかもしれません。


修復してる。。。
f:id:maacoluke:20181114065456j:plain
いいかげんにせいよ、ってくらいに欠けばっかしな食器たちよ。
きみたちー!!自力で治る気力はないのかー!!
はぁ。。。
暖簾に腕押し。
ちょっと私がやらかしたものもあるので、治していたら。
どんどん、出して来た母ちん。
えええええづ。。。
どうやら、完品は高いので、欠けを集めていたっていうじゃないの。
なんでこうなるの。。。。



はい。
いつも、ありがとうござまする。
なんだか暖かいけど、今のうちに出来る事はあるかもです(^^
みなさん、ご自愛ください★





All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA