MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

自己練、自主練

あい。毎度、マーコでっす。押忍。

千羽鶴を折りがてら、耳では海外ドラマの字幕を聞いてます。
ミステリーものばかり...。
字幕版なので聞こえてくるのは、英語なんだけど、その中でひっかかった単語。
「ネメシス」。
そりゃー字幕は文字制限あるのは常識としても。
気になってちょっと字幕もリプレイ。
なんでネメシスの翻訳が、「魔女」「天使路線」「仇敵」にまでなってんの?


基本的にギリシャ神話の女神で、有名なナルキッソスを罰した方ですね、はい。
でも、字幕は魔女。強調されているけど。魔女?
f:id:maacoluke:20170417040647j:plain
話の流れとして、納得。


でも、この「天使路線」ていうのが、しっくりこなかった。
f:id:maacoluke:20170417040643j:plain
女神と天使の捉え方の違いは、やっぱし聞き取らないと無理ってことか(ツライ
厳密な翻訳は不可能だからねぃ。。。


ストーリーの最後は「仇敵」ってなっちゃってて、限界なんだろうなって感じ(苦笑
ネメシスの意味として「かなわない相手」もあるんだけど、それは仇敵になるのでしか...
この原作の翻訳は「宿敵」ってなってるのがデフォだし、分かりやすいと思うけどねぃ。
このドラマの台詞設定が、盛り過ぎなんだと思う。嫌いじゃないけど(おい


英語わかんないんで、そうなんだなと飲み込みます。
文字制限のある翻訳って、私はたぶん、無理。


しょうがないけど、ネメシスとナルシスの関係性を沿わせている原作の台詞を無視。。
でも、主人公はナルシス要素がたっぷりなので、ネメシスという、
楽しさみたいなのは、自分の知識量によるのかも。
超悪者になっちゃてたネメシス(違和感あるけど、ナルシストが主人公だからかな


あと、「肩に乗っているプロのエンジェル」っていう嫌味の台詞を、
「守護天使」って、翻訳してて。
うーん。。。まぁ、いいんですけど、ねぇ。。。。
英語が不得意な日本人の私は、聞いてて、
『「守護天使」て、肩に乗っているプロの天使の事なの?』、って、なった(苦笑
しかも、悪魔を沢山倒すていう、台詞。混乱したぜ(-_-;


そんな自主練。いいんです、レベル低いわぃ。
まさに、自主練。
手持ちの辞書も古いし。生きてる英語って、知らないわぃ(苦笑)と、愚痴(おいっ


なんとか、頑張って。
英語音声のほうで、ある程度、納得。
なんていうか、ネメシスがちゃんと使われていたのが、分かった...
オシャレだった....
解決してよかった(汗

でも、それでも、解せんなという感情はあるっす。
それは『べつにネメシスを出さなくてもよくね?』ってことっす。
結局、ネメシスじゃなかったね、ていう結果(逮捕)になったし。
ぜんぶ、私の英語力の無さたる結果。
あと、楽しい作品は、つじつまが合わなくても良い派なのに、
耳で慣れない英語を聞いて、沼に落ちたオレっち。トホホ。。。

余裕でドラマを耳で理解出来る日はくるのだろうか(白目


たぶんね、風刺とか、ドラマの姿勢も入ってるので、そこも覚えてないと(白目度アップ


あと、思った事をうだうだ。
なかなかイギリス英語と、アメリカ英語が同時に耳に入ることは少ないので、
あー、やっぱしイギリス英語は私にはめっちゃ難しいなと思ったわぃ。


イギリス英語の「ずらずら感」が、難しい!ボーッと聞いてるとフランス語みたい。
しゅわしゅわ〜で、怒った感じで急にカタカナ発音になるのが、ミステリーではありがちなんだけど。
ほんとに何言ってんのか分かんなくて。
激昂するシーンなんかだと、単語すら拾えないオレ。
「〜in EU!」は、「いぃー!」にしか聞えず。
せめて、「いないーゆー!」くらいになれよ、オレ、でし。。。
でも、標準語じゃないアメリカ英語の発音だと、そっちも、わかんないけどね...


じゃあ、また★
マーコでござんした(^^;いつも、ありがとぅーす★
「考えすぎない」という、修行が、辛いので、休日は解放的にする実験中。
めちゃくちゃ、支離滅裂なんて序の口じゃ、っつーくらいに考える人なので、
それを止めるのは、辛いけど、調整しなきゃだなと、理解。
変な日本語だなー(いつもだけど


広告を非表示にする



All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA