MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

しばらく見えないのだ

毎度、マーコでっす、押忍。

この景色ともしばらくお別れじゃ。
f:id:maacoluke:20170128014453j:plain


母の帯状疱疹は一週間で、いちおう他人への感染はしないので大丈夫と。
その後、神経痛が残ってる状態。
まだ完治というわけでもないけど、軽度だったようで先生と看護婦さんが喜んでいたそうな。
患者を褒めて治す、さすがだっ(^^


2回で通院は終了。
私、ブツブツの集合体が苦手なのだけど、頑張って患部に軟膏を塗りますたよ。。。
なので、何かは充分に乗り移った気がしますがどうなんじゃろか(汗
とりあえず、私はなにも発症しなかったので、
水ぼうそうは子供の時にちゃんとやってたのだなと思ったり。

感心したのは、帯状疱疹と言うネーミング。
背中の疱疹は、ほんとうに出たばかりで一部のみだったのが。
薬を塗っていたのに、どんどん広がって行ったじょ。
まじか!と、心配に思って3日目くらいに、背中の疱疹が帯状に見えたのじゃ。
すげー、こりゃなんとも感動だわ、と、痛がる患者を前にして、つい感動。


さて、帯状疱疹後神経痛は治るのか、どうか、が、まだ分からんちん。
他の病と併発すると、めちゃくちゃ大変かも。。。
ちなみに、母は疑いが出た二時間後には、診察を終えて、薬局で薬をもらいその場で摂取。
抗生物質は早めに飲むべし、の家訓。
病院が大嫌いな母が、速攻で行ったんで、びっくりしたんだけど。


大昔、私が幼稚園前の、幼児のころ。といっても、今は幼稚園て、無いんでしたっけ?(汗
よく行く公園で仲良くなったママさんから教えてもらった小話が由来。
その子はお医者さんがパパで、子供が夜中に中耳炎だと気がついて、
家にあった抗生物質を飲ませる事が出来て、重症にならずにすんだという会話をしたそうな。

その時に、抗生物質が効く病は一刻も早く摂取すべし、と、うちの母はお勉強したっぽいんだす。
公園の知識なのであった(^^;


さっきの画像、月が細くて。意外と撮れてたじょ。
f:id:maacoluke:20170128014450j:plain


うーらーめーしーみやぁー
f:id:maacoluke:20170128014426j:plain
LEDのミニが、なんとも可愛くて、つい。ゆらぐんですよ、ちゃんと。

けっこう明るいので、防災にもなりそうだなと思うくらい。
f:id:maacoluke:20170128014447j:plain
でも!これ、30時間しか使えないので、そこは問題じゃ。
「かまくら」と、ぬいぐるみ、みたいな感じを目指してるんだぜぃ(ほっといてくれ


いつも、ありがとうございます(^^
チリの大火災が心配です。いつ消えるんだ...(-人-;早く鎮火しますように...!


広告を非表示にする



All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA