MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

詩人としての受賞だと『イル・ポスティーノ』の、あるもんね、と思った

なんとなく、毎年、春樹さんが話題(苦笑
私、確かに、いちばんすきな小説家なんだけど。
ノーベル賞をとったら、変に距離感が出そうだし、なんというか。
いまのままで、いいです、とも、思う。
f:id:maacoluke:20161009070827j:plain
ボブ・ディランが、受賞という、速報をみて、まったく驚かなかったっすけどね。
それは、映画の『イル・ポスティーノ』を観ていたから。
すーごく良い映画で、好きな人、多いはずなんだけど(^^;
最近、イマジカで放送した[オリジナル完全版]を見たばっかりだったのでした。


映画がきっかけで、詩人がノーベル賞をもらっていたのを知っていたし、
「ディランの肩書きは詩人、歌手」と思ってたし、そう説明も多所でされているよねぃ。
受賞が疑問というのを聞いて、逆に、ビックリしたタイプ。
それと、別に、よく賞をあげた!とも、まったく思わん。
評価、すごく高いから、批判にとまどうのでした(^^;
世代間のギャップってヤツでしょうか。
おめでとう!だよ、疑問もない。
ただ、いまのアメリカ大統領選挙のなんだかは、多少なりともあるでしょうね。
前例はあると、思ったけど認識、違うのかしら(調べてない=影響力について
f:id:maacoluke:20161009070758j:plain


映画の『イル・ポスティーノ』のモデルの詩人は、パブロ・ネルーダ。
この人は波瀾万丈すぎて、私は説明しきれません。外交官で、詩人。
今年は、音楽家で、詩人。問題ないなりよ〜。
20世紀最高の詩人と、21世紀最高の詩人へは、ノーベル賞なのかな。いいんじゃないかな(笑
私、詩が好きなので、嬉しいぜーぃ★
f:id:maacoluke:20161009070822j:plain
同じ風景なのに、違う表情を持つことは、案外、ややこしいのかもね(苦笑


気になってチェックしちゃったなりよ。
感想に、詩人としてのものがたくさん載ってる。思入れのある人が多い(^^参考まで

イル・ポスティーノ [DVD]


ブルーもあって、このご時世、日本で人気なのが分かります。

イル・ポスティーノ オリジナル完全版 [Blu-ray]


あまり良い場面写がないことはけっこうありがち。
話の内容が分からないと、なんじゃこりゃ的な残念感。
紹介ページのシーンは、観た人だとジーン。。。ってなるようにしてるのは理解できるけど(^^;


母と、母の母は、そこそこ前に、岩波ホールかなにかで、観たそうな。
オリジナル版だったのかすら。話題になってたとのこと。


ここ五日くらい、ひどい後頭部頭痛。
貧血起因だとはいえ。苦痛で顔のシワが増えるわん!
冷え性を改善しないと、根本的になにやっても無駄かも。
浮腫で、頭部が圧迫されてるのかなぁ。。。首筋も痛い。


さむいですー。。。
ご自愛くだされぃ〜★


広告を非表示にする



All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA