MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

どんぶらこっ

ここ数週間、なかなか、どーしよってんだよ?と、いう感じです。
ミーアの顔のように何かが怖い感じがしておる。
f:id:maacoluke:20130417052113j:plain

完全に季節の変化が、めんどくしゃー!な、だけですが。
しかし、春樹の新作も、もつのろん、読みました。
涙でたよ。
はしばしに、回顧というか、懐古を感じて。
偶然にも、舞台の土地に住んだり、仕事して。
今回も、まじっすかーーーでした(^^;


成長と、その間の時期とか、時間、瞬間の残像。
歳を重ねても「世の中」の記憶が残りやすい時期は、物語になる。


それと、プレッシャー。


その物語って、一枚のMEMOのように、付箋のように、ノートの隅っこに書いた文字みたくて。


痛みを脱皮することは、案外、難しいものだと思う。


何かに集中することで、忘れらるならって、おもーーーーいたい。
僕は右手が、沁みるように痛んでて。
箸も痛い。


だが、しかし。
ボクシングの場合も、あるので、調べたというか、考えた。
結果、手の筋肉を鍛えよーて、思った。
竹刀に、重たい木刀は持ってますが、激痛なので、無理で....考えた。
木刀はこんど載せたいくらい立派に重くてな...(we

んで、で、ひらめいた。
けんだまー!!
ちょっと、剣道っぽいし、電気もいらないし、で、レベルがあるので、リハビリにいいかなと。


筋肉を付ける旅、始める。


粘土までの旅。お箸も、ピキーン!!が、すごくて、さすがにねぇ、って感じです(^^;


右手を砕いてしまおうと、思うこともある。
意味無いのに、なんか、思っちゃう。
しませんけど、たたいたら、治りそうと思う日々でやんす。

剣玉、て、あ!「剣」て文字あるなー。てか、なんで剣玉なんてのが出来たんじゃろな。


ボストンのテロという、爆発、悲しいし、「WHY?」です。
足が無くなってて、車いすで、搬送される途中の報道写真。
私が最後に作った人形の報道写真と、似ていて。
傷つく人間、肉体は同じだと、ほんとうに思う。

パンを買いにいった少年は、足をなくした。あの写真と、そっくり過ぎで、あづ!
人間だから、同じだから、だ。って、すぐに思った。
でも、なにかが、わからないです。


広告を非表示にする



All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA