MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

無題って、いう感じ。きゅっ。

血だらけミーアキャットちゃんこと、人間マーコです。うざくてすいません(いまさら
うん。ミーアキャットが気になってですね。
そしたら近場の動植物園にいるコトが判明。
ん〜。。。。でも。上野の方がどうも近そう。てか、近いし交通費も安い。
自分の住んでいる市内なのに、なんだか腑に落ちないのでした。
子パンダが産まれたので、混んでいそうだし...嗚呼、でも見たい(><;


皮膚疾患、まわりでも、ちょいちょい聞くようになって来たっち。
医学系の知り合いのお嬢さん(たぶん、私とそんなに年も変わらないはず,,な、んだけど)が、
やっぱし赤いポツポツで、3カ所の病院に行っても不明らしく。さすがに血だらけミーアキャットちゃんも驚いてるけど、マジなわけで。
う〜、それを聞いて、なんとなく、タルクじゃね?と、思った。
つらいだろうに.....
まぁ、でも、ストレスでも蕁麻疹は出来るので、あまり神経質にならないでって、言いたいけど、無理。
気が狂うかと思うほどだったもんな....母に参考事項を伝えてもらうことに(^^;


血だらけミーアキャットちゃん状態の私が、役に立てるかもしれない〜。
さらさらするものには、基本、水、エタノール、タルクって順番に書いてある。
それくらいに、さらさらとか、爽快方面はタルクが使用されているわけでし。
んで、ペットの蚤取りや予防として薬粉を振りかけるタイプもあるんだけど、これもめっちゃヤバいす。肺への負担が酷いのはアメリカでも公表されているので、やっぱ、タルク怖いだすよ。
日本人は汗腺が細いという説も(なので、タルクの粒子が肌に詰まりやすいし、微細なパウダーは、案外危ないんじゃ?って思うー
アメリカの報告の中には女性の子宮筋腫の原因もあったし。つまり、弱い部分にパウダーは、、、、ってことだすね。男性もしかり。うむ。


きっと、平気な人はいると思う。でも、肺に入ると潜伏期間は数十年。
私は日焼け止めが大嫌いなんだけど、すっごく肌が痒くなるからホントに嫌いなんだけど、今後の紫外線はどうなるんだろうかや...。
かゆくて、会社で腕を洗ったもんな〜(ははは....笑えん!が、それは学習したなり
その時に気がつけば良かったんだけど、出来なかったのが、痛い。


治るまでは余計な物はいっさい使用しない方が絶対にいいと思う。
かゆくなったら、やさしく水でなで洗いをして。
薬は日に数回塗る処方なので、案外清潔になった患部に薬を塗ったことも効果的だったんじゃないかなーなんて思う。意識してなかったんだけど。(あくまでも身勝手な、自己中なMEMOでやんすので、ごめんなすって。
汗を結晶化しないように、閉じ込めないこと。やっぱ濡れタオルか、シャワーだなぁ...
あと、薬を塗り過ぎたと思ったら、軽く水洗いして、タオルでポンポンと拭くだけで大丈夫!
過剰な薬はダメだから、ちょっとぬるっとするけど、かるく、さっと水洗いは大事だす。
もちろん、薬は再度、絶対に塗らない。再度、塗る必要がない程度に、水洗い。これ、大事。クリームタイプでしか出来ないかもしれないけど、書いておこっ...
※個人的な感想です。責任は持てません〜!がんばれっ。祈ってます。


販売各社の公式HPをみても、成分が載ってなくて。へんだなぁと思う。
外部の商品紹介で、確認することが多い。これが、すごくイラってした。
美肌には、毛穴を塞がないこととか、余計な物を塗らないっていうのは、本当かも。
化粧品にはどうしてもそういうのが入っている。だから肌のトラブルが起こるのかもしれない。
オーガニックでもタルクは入っていたりするし。
んでもって、タルクが入っていない化粧品は案外高価でして、はぁ〜。なんでだろう。
いや、やっぱ化粧したいてか、楽しいし←飲み時の赤ら顔を隠したいじゃないの...←
ちなにみ、タルクを採取する方達も肺の病にかかりやすく、問題になっているのだよ。せつない...


あ、あと、身にしみたのは、薬をはじめとして、「注意」が載ってます。
分かっていても、使用してしまうことがあるのが、なんか、自分でも反省でし...。
肌のトラブルが発生したら、使用を止めい!って、ちゃんと書いてあるわけで。
そうっすよね....すっごく思う。使用を中止て、大事だ。がんばろう!
みなさん、いつも、ありがとうございますm(__;)m

広告を非表示にする



All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA