MEMO :: 月見に一杯の日々★

Pain makes man think. Man and an animal have a limit.... with Love. Big Love.

「分かってくれる、人がいると、思う安心感、幸せ感」かなー。



『・・・そして、おとうさんやおかあさんが、よくうわさをするのは、あの人の魔女らしさがきらいなせいじゃなくて、ふつうの人とはちがったところのあるあの人を、好きなせいじゃないでしょうか。』


ちょっと、「ぎんしょきしょき」の童話の引用。
子供ながらに、ジーンとしたことだったのかもしれません。もう、すっかり忘れている..。


作品のまあるい世界からいまだに、脱出できませんねー。なんだかダメだなぁ..。
「怖いと思った言葉にできない感覚」が、本に書いてあるのも、
びっくりしつつ、分かってくれた人がいるという、安心感だったのかなって、思いました。
周りの人に言っても、信じてもらえないこととか、共感してくれない寂しい気持ち..。
それが、あれ?この本の中にあるじゃん!って、うれしかったのだよね(^^;


そんで、もうなにも無いとおもったけど、緑色の布のお話を思い出した。。。
ワンピースか、靴に、お水をあげないと、怖いことになる話だったと思う!
なんだか創作には終わりがないでやんすねぇ。。。。


これ、数十年ぶりに、思い出したお話だー。童話って、すごい世界。
みどり色の、布の、話、なんだっけ.....数十年ぶりに記憶装置、動いた...(*゚д゚*)

広告を非表示にする



All content is protected by copyright - MEMO::月見に一杯の日々★ © MAACO CHIBA